キャンドゥーロゴ(太).jpg
キャンドゥー株式会社
Training & Development - An Expedition to Excellence -

アサヒグループホールディングス株式会社

「組織は桃太郎集団のようであって欲しい。」 
「リーダーは夢と哲学を持て。」

アサヒグループホールディングス株式会社
R&D推進部長
平山様


実施しているプログラム:

過去に遡る事15年くらいでしょうか。キャンドゥーさんとは創業当初からおつき合いさせて頂いております。チームビルディング研修、工場部長クラスの戦略プランニング研修、課長クラスのリーダー研修、風土改革におけるワークアウトを絡めたミーティング、次世代リーダー研修、異業種交流研修、など様々な形でお願いして現在に至っております。
現在では研究開発部門の中で研究開発におけるリーダー醸成コースとして、自分軸の足固め(再発見)からスタートし、その後、リーダーシップ(機能:言動)について考察、リーダー軸(価値観)を付加するという資質面及び行動面での醸成を行って頂いています。


導入を決めた理由:

「組織は桃太郎集団のようであって欲しい。」「夢を持て。」 15年前の導入当初、経営者からそういう話が再三されていた状況にあったと記憶しています。そして「リーダーは、夢づくり、任す、気配り」、「リーダーは夢と哲学を持て」という経営者からの要請がありました。当初からValues、Visionはキャンドゥーさんの中心的な概念として提示されていましたので、経営者からの要請とマッチしており、それらがきっかけでした。
また、4.項に詳細は載せましたが、行動学習はビジネスの状況と関連づけて考えさせてくれるので気づきが深いということが決め手になっています。


実施後の効果と変化:

15年ほど前に受講した経験のある現役員も、いろいろ研修は受けて来たが、キャンドゥーさんの研修だけは忘れないと言っています。多くの受講者がそのようです。
おそらく、多くの参加者がこの研修を機に行動の変容を起こし、それぞれの仕事の中で活かしていると思います。周囲が見えるような成果を出す人、言動の変化によって対人関係が向上していく人、リスクをとって事を推し進める人、効果は様々です。Learning Pointsは参加者自身が選択していますので、その表出の仕方は様々であるのだと思います。潜在意識下で何がしかが変化し、それを本人の顕在下では気づかないうちに行動にでてきているような、そのような感覚でおります。


キャンドゥーさんの特長と推薦ポイント:

1)行動学習は気づきが深い
リーダーとはどういう人か?非常に難しい問いです。リーダーが100人いれば100通りの資質があるといっていいかもしれませんが、現時点で自分なりに言葉にしてみると、「ビジョンを描き自らの価値観とミッションを明確にして、事を推し進めていく人」という感じになります。
リーダーシップの研修は世の中には多くありますが、他と大きく違うのは次の点だと思います。ほとんどのコースで一人ひとりの持つ資質にフォーカスして気づかせ、そしてコースの目的と設計によっては、ビジョン、価値観、ミッションを引き出してくれます。また、そのコンテンツは行動ベースで展開されますので、机上で考えた気づきと実際に行動を通して得た気づきとは若干違うものになってくる。いわば机上で考えた事は多くが顕在意識で処理したものであるのに対し、行動は直接潜在意識からにじみ出る(顕在下では本人が気づいていない)特性があり、参加者からの観察に基づいた本人の言動へのフィードバックによって気づきが深まるという特長があるのだとも言えそうなのです。

2)行動学習は行動の変容を促す
行動の変容は潜在意識下の認識にまで影響を与えるようなインパクトが必要ではないかと考えています。インパクトのある体験が、振り返りでのフィードバックや学習ポイントと結びつき、潜在意識下の認識構造に影響を与えていく事ができ、感覚的にも気づきが深い。これらの結果、認識構造の変化が起こり、行動の変容を促すものであるように思えます。特にリーダー育成のような、極めて人間的な資質の醸成を行う場合には、感覚的な学びというものが非常に重要なポイントだと考えています。多分その感覚は、言葉になるものもあれば、言葉にならないものもあると思われますが、いづれにしてもビジネスの現場で起こる状況と重ね合わせて感じることができるものだとも言えそうなのです。

3)カスタマイズが可能だという事
お客様のニーズにより、打ち合わせを重ね、おおよそカスタマイズが可能だという事だと思います。これまで前出しの通り多くの研修をお願いして来ましたが、プログラムは変幻自在にカスタムできると言っていいかもしれません。おおよその要望にお応え頂きました。一緒にコースを創っていく感覚は楽しいですし非常に勉強になるとも言えそうです。


FUN:

キャンドゥーさんは皆さん明るく、毎回楽しく仕事させてもらっています。「FUN」。厳しさも含めて、学ぶ楽しさを仕掛けていただいています。感覚的ではありますが、これは学ぶ環境での重要な一要素と考えています。

Thank you for being you !